色んな種類の油をバランスよく摂ろう。女性にウレシイ、ココナッツオイルの効果。

 

 

素晴らしい油についてご紹介してみたいと思います。
油というのは色々な種類があります。大事なのはバランスです。どれか1つを徹底的に摂るというよりは、全体のバランスを大事にした方がイイということです。

 

例えば、不飽和脂肪酸っというのは「オメガ3系」とか「オメガ6系」、「オメガ9系」というのがあって、それをバランスよく摂ろうというのが大事なのです。

 

今は、オメガ6系の色んな油が過剰になっているわけです。だから、オメガ3系の「フラックスオイル(亜麻仁油)」や「シソの実油」このようなものが注目されたり、あるいはオメガ9系の「オリーブオイル・オリーブ油」が摂るとイイですよと言われている理由です。

 

そのオイルのバランスというのを考えて摂っていく理由があるわけです。

 

なぜ油が大事かと言うと、細胞の膜ですね、細胞の膜があって、その膜は油のかたまりなんですね。その細胞の膜の状態を良くすることで、僕たちはオイルバランスをしっかり考えて摂ることで細胞の膜の状態を良くしていく、そしてその膜の状態が良くなれば、色んな栄養をスムーズによく吸収して、また老廃物を出してということが自然にできるわけです。

 

そういったことを考えても油はひじょうに重要で、不飽和脂肪酸というのがあって、もう1つ「飽和脂肪酸」というのがあるんですね。この飽和脂肪酸は、バターなど動物性の油っていうのがあったり、あとは「ココナッツオイル」っていうのがあって、これが実は非常に注目を浴びているということで、「ブラウンシュガーファースト」という、ウチで取り扱っているものもあるんですけど、ココナッツオイルというのが飽和脂肪酸の1つであるんですけど、バターっていうと、あまり過剰に摂ると血管の動脈硬化とか、あまり良くないイメージがあると思うんですけど、飽和脂肪酸の1種であるココナッツオイルというのは体内の脂になりにくい、すぐに吸収しエネルギーになっちゃうから、だから脂になって残らないわけです。

 

それがまず非常にイイということで、ダイエットとかそういったものにも非常にイイですよと言われているわけです。このココナッツオイル自体がブームのきっかけになったのが、これをしっかり摂ることによって「アルツハイマー」が改善したというデータが出てきて、実際にそういう本が出ているわけです。

 

アルツハイマーに良いということで火が付いたわけですけど、認知症予防にもなるとは思うんですけど、ココナッツオイルの油を摂ることで、特にお肌にもイイんですね。このまま取り出して食べるだけじゃなくて、お肌に塗っても非常にサラッとしてお肌の状態が良くなるんですね。

 

ココナッツオイル自体の味は、そんなに無いですけど、ハチミツなどを絡めたりしてパンに塗るなどするとバターの代わりになる。これがイイのは、「熱に強い」ということですね。非常に酸化しにくいということで、熱を加えても大丈夫なんですね。

 

ですから、お菓子とかケーキづくりとかクッキーを作るのにココナッツオイルを混ぜるとか、炒め物をする時にこれを使ったりする。そのまま食べてもイイくらい。

 

毎日まいにち、摂取していくと健康効果があるということで、ココナッツオイルが非常に今注目を浴びています。とにかくオールマイティに使えます。熱に強いと言うのが非常にいいんじゃないかと思います。

 

「ラウリン酸」という成分が含まれていて、母乳でいうと「初乳」、一番初めに出るお乳、その中にラウリン酸が入っていると思うんですけど、それと同じ成分が含まれているということで、免疫系等で強化してくれるので摂っていくとイイ事が多いと思います。

 

女性にとっては、お肌とかダイエットにイイということで、改善効果があるということですね。