ココナッツオイルの本場アメリカで売上No.1の「Dr.ブロナー」のココナッツオイル!!

 

ココナッツ低温圧搾時に薄皮を残して圧搾した「ホールカーネル」というところが、他のココナッツオイルと違うところで、香り・味が良いと評判です。

 

USDA(米国米国農務省)からオーガニック認定を受けています。トランス脂肪酸は含まれていません。

 

 

 


ココヤシ100%使用の「エクストラ バージン ココナッツ オイル」。

 

中鎖脂肪酸が豊富に含まれています。

 

バターの代わりに。炒め物・揚げ物にも使えます。

 

 

 

 

 

ココナツオイルの本場アメリカのカリフォルニアから丁寧に梱包してお届けしてもらえます。

 

海外直送のため、発送完了後、通常なら1週間以内で届きますが、税関の関係で若干到着が遅れることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

↓ヴァージンココナッツオイル関連商品ランキング

今話題のヴァージンココナッツオイル関連商品の人気ランキングをご紹介します。サプリタイプのヴァージンココナッツオイル・天然美容オイルのヴァージンココナッツオイルなどが人気です。あなたの目的に合わせてココナッツオイル商品選びをしてみてくださいね♪

 

VCO(ヴァージンココナッツオイル)サプリ

 

テレビや雑誌などで人気の「ヴァージンココナッツオイル」ですが、毎日お手軽に飲める美容サプリとしても登場しており人気です。

 

ハリウッドスターやスーパーモデルの美の秘訣と言ってもよいヴァージンココナッツオイルのサプリ、略して「VCOサプリ」。実際に試してみたお客さんの満足度が92%という人気サプリとなっています。

 

安心の「15日間返金保証」がついているので、まずは気軽に試してみることができます。

 

 

>>公式HPはこちら<<

 

 

 

ヴァージンココナッツオイルの天然美容オイル(原液)

 

良質で新鮮なヴァージンココナッツオイルをそのまま配合した天然美容オイルです。

 

ヴァージンココナッツオイルに多く含まれるラウリン酸は、皮脂に近い成分なので、オイルだけど肌にのせた時のベタつきはありません。

 

 

角質層のすみずみまで浸透して、贅沢なハリ・もっちり感をあたえてくれます。

 

 

>>公式HPはこちら<<

 

 

 

VCO(ヴァージンココナッツオイル)マイルドソープ

 

ヴァージンココナッツオイルの洗顔石けんも人気が出てきています。母乳と同じ成分でつくられた洗顔石けんです。

 

スキンケアで一番大切なのはやはり基本のスキンケア=洗顔と言っても良いです。

 

VCO(ヴァージンココナッツオイル)マイルドソープは「落とす」と「守る」を追求した理想ともいえる洗顔石けんです。

 

 

>>公式HPはこちら<<

 

 

 

 

アメリカで大ヒットしたヴァージンココナッツオイル(VCO)

アメリカではスタイル維持や美容のために、スーパーモデル・ハリウッドスターがココナッツオイルを毎日飲んでいることも話題になっていて、「ココナッツオイル健康法」などのココナッツオイルに関係する本も大ヒットしています。これが日本でも雑誌やテレビなどのメディアで特集されるなどして、知名度が上がってきていますね。

 

 

ヴァージンココナッツオイルは希少な高級美容オイルとも言われており、普通のココナッツオイルとは違って添加物を一切使っておらず、ミネラル・ビタミンが破壊されることなく豊富に含んでいるオイルです。

 

 

 

ヴァージンココナッツオイルはそもそも昔からインドネシアの宮殿の女性が自分の美しさに磨きをかけるために愛用していたオイルです。インドネシアといえばバリ式マッサージの本場ですよね。

 

母乳と同じ成分「ラウリン酸」を含む。

ヴァージンココナッツオイルの人気の理由として、もう1つ。ラウリン酸が約47%も含まれていることです。ラウリン酸というのは母乳と同じ成分です。天然の母乳成分ってことですね。母乳と同じ成分が自然界にあること自体、わたしは知りませんでした。それもそのはず。ラウリン酸は自然界にあるただ1つの母乳成分なんだそうです。このラウリン酸によって体の内側から健やかさを助けてくれる、というわけです。

 

中鎖脂肪酸

ラウリン酸の他にもヴァージンココナッツオイルには「中鎖脂肪酸」(ちゅうさしぼうさん)が多く含まれています。名前ぐらいはテレビCMなどで聞いたことあるよ?っていう感じの脂肪酸ですよね。中鎖脂肪酸はわたしたちの身体の直接のエネルギーとなってくれます。一方でもう1つの長鎖脂肪酸のほうは、体の中に貯められる脂肪酸で、必要となったときにエネルギーとなってくれます。長鎖脂肪酸は我々がいつも口にしているような食用油に含まれています。

 

 

Dr.ブロナー オーガニック バージン ココナッツオイルが人気?!

ココナッツオイルのことが気になってどんなココナッツオイルが売れてるんだろう?口コミで評判がいいんだろう?と調べてみました。まずはアマゾンでココナッツオイルで検索してみると、最初に出てきていて、100件以上のレビューがあって5段階評価の4.4の高評価だったのが、「Dr.ブロナー オーガニック バージン ココナッツオイル」です。

 

 

米国有機栽培認定(USDA organic)というのに認定されてるみたい。原産国はスリランカです。Dr.ブロナーというのはブランドの名前です。アメリカ農務省にも認定されているオーガニック製品です。日本でも有名人のブログでとりあげられたり、テレビなど各種メディアでもとりあげられていて、注目度の高くなってきているココナッツオイルです。

 

 

「Dr.ブロナー オーガニック バージン ココナッツオイル」はココナッツオイルの本場と言っても良かろうアメリカで売上ナンバーワンココナッツオイルだそうで。何でここまで人気があってアメリカだけでなく日本にまで人気の輪が広がっているのかというと、他のココナッツオイルとは違ってホールカーネルだからです。ホールカーネル??何それ???と思われた方も多いかもしれませんね。あの有名なチキンのお店の前にたたずんでいるおじいさんのことでもちろんありませんよ。ホールカーネルは美味しいだけでなく香りも素敵だと評価の高いココナッツオイルです。ココナッツは低温圧搾ということをするのですが、この低温圧搾をする時に薄皮を残した状態のままで圧搾するのがホールカーネルです。

 

 

美味しさにはホントに評判が良いようでパティシエさんが「Dr.ブロナー オーガニック バージン ココナッツオイル」を指名をして購入されることもあるんだそうです。その道のプロも納得の味といってもよいレベルのココナッツオイルということですね。

 

 

美味しいだけではなく栄養豊富なのも売れている理由の1つと言えます。(中鎖脂肪酸が多いなど)一方でトランス脂肪酸は含まれていないヘルシーさです。新鮮なココナッツがそのまま瓶詰めされているんです。新鮮だから精製する必要がないからです。

 

 

トーストに塗るのに使ったり、調味料がわりに使ったりと、料理に使っている方も多いですが、全身のボディーオイルとして・髪の毛につける目的で、というコスメ目的という方も少なくないようです。食べることもできて体にもつけられる。いろいろ試してみてあなたにピッタリの使い方を探してみるのもおもしろいかもしれませんね。